カテゴリー:坂口安吾

5分でわかる坂口安吾の一生。どんな作品を書いて、何をつたえようとしたのか?

  • 2018.04.08

坂口安吾といえば、太宰治らと並んで無頼派の代表作家と言われている人物で、戦後に発表した「白痴」「堕落論」などで脚光を浴びました。 最近では、ゲームやアニメ、また、小林よしのり著の「新 堕落論」などからこの名前を知っている人は多いのではないでしょうか? 坂口安吾とは、一体どのような作家だったのか。 今回は、彼が生涯の中で、どんな作品を書いて、我々に何を伝えようとしたのかを解説していきたいと思います。 […]