介護職への志望理由の参考に!現場で働く介護職員が仕事でやりがいを感じるとき

介護職への志望理由の参考に!現場で働く介護職員が仕事でやりがいを感じるとき

皆さんは介護と聞くとどのようなことを思い浮かべますか?
「大変だなぁ~」「お給料安そうだな~」と、思うかたが多いかとおもいます。

私は介護に携わり、約14年間がたちました。
皆さんが思われる通り、大変ですし収入もけっして高くはありません。

けれども全てが大変なわけではありません。
嬉しいことや楽しいこと、学ぶことも沢山あるのです。

この記事では、介護の仕事をながく続けられてきた理由と合わせて、介護職でのやりがいについてお伝えいたします。

また、この記事を読んでいただいた中で、共感できる部分、期待しいている部分がもしあれば、それを面接の際の志望理由として参考にしていただけると、採用される方(現場の方)の共感も得られる志望理由になるかもしれません。

介護職は誰かの役に立つことができる。

介護の仕事は何よりも困っている方の役に立つことです。

一人では生活することが出来ない方や家族だけでは支えていくことが難しくなってしまったかた。そんな利用者さんの生活を直接触れて支えて差し上げることができます。

自分で行った仕事の成果を、その場で見ることができる、感じることができるのです。

また、お相手は今までの日本を支えて来てくださったお年寄りの方々です。
今平和であるのもお年寄りの方々のおかげでもあります。
老後を安心して過ごしていただけるよう、感謝の思いも含めて人の役に立てる仕事なのだと思います。

介護職は歳をとることを学ぶことができる

人は誰でも時間と共に歳をとります。どんな人でも平等なことです。
いくら努力をして健康でいたとしても、いずれは歳をとり、じぶんで出来ていたことが少しずつ出来なくなります。
いつかは、できないことが増えて誰かの助けが必要になるのです。

この、できないことが増えて誰かの助けが必要になる、という実感は、通常、自分が歳を取らなければ知ることができません。

それが、介護に携わることで、お年寄りの過ごされる毎日をみさせていただきながら、長生きしていればいつかは自分も出来ないことが増えてくるのだ、と知ることが出来るのです。

介護職に就くことで、お年寄りの生活のお手伝いをさせていただきながら歳をとることを学ぶことができます。

私自身は最近は特に、「お年寄りの方々は自分の生活を通して、私たちに人が歳をとること教えてくれている」と、思うことが多くあります。
他の職業ではなかなか学ぶことの出来ないことです。
お金をいただきながら、人生の今後の姿を実感できるのは、非常に有意義な経験だと思います。

介護職は「ありがとう」と感謝されることが多い

皆さんは人に何かをしてもらったり、助けてもらったときに「ありがとう」と伝えていますか?
また、誰かを助けたりしたときに「ありがとう」と言ってもらうことはありますか?

そんなときは、嬉しかったり心が和やかな気持ちになりますよね。

介護の現場でも、皆さんが生活されている環境と同じなのです。
利用されているお年寄りの生活を直接お手伝いすることで、「ありがとう」「助かったよ」と伝えてくださいます。

薬を持っていっただけ、食事の準備を手伝っただけでも伝えてくださいます。
そんな毎日の些細なことが、仕事をしている時間に感じることができるのです。
そんなときに介護職のやりがいをとても感じます。

介護職の志望理由への書き方について

今回お伝えしたエピソードはあくまでほんの一部でありますが、すべて経験からお伝えしたいと思ったことになります。

このエピソードを志望理由に活用する際は、以下のような流れで作成するといいかもしれません。

・知り合いで介護職に就いている人がいて、話を聞いたことがありました。

・その方は「(見出し&エピソード)」という話をしてくれました。
例)その方は、介護職ではちょっとお手伝いしただけでも、ありがとうと言っていただける機会が多く、「ありがとう」と感謝を表すことについて、前より深く考えるようになった、とおっしゃっていました。

・その話を聞いて「(ご自身の感想と介護職へのイメージがあがったこと)」という思いがわき、今回応募に至りました。
例)その話を聞いて、私自身振り返ったところ、いろいろな支えがあってここまで来たことがわかりました。そして、そんな自分だからこそ、もっと様々な方のお役に立ちたいと考え、介護職に就こうと思いました。

あくまで参考ですので、ご自身の言葉に書き直して使っていただければ嬉しいなと思います。

介護職への転職をぜひ考えてみましょう!

皆さんが思う介護のイメージはあまり良いものではないかもしれません。

また、なかなかふれる機会がなくて遠い存在に感じるものかもしれません。
私自身も、最初は手に職をつけて、できるだけ長く働ける仕事をという思いもありました。

もちろん、確かに大変なことは沢山あります。うまくいかずに反省することも多くあります。
しかし、日々の生活の中で様々なことをお手伝いさせていただきながら、「介護の仕事をしてきて良かった」とやりがいを感じ、利用者の方々とお腹を抱えて大笑いして過ごす時間も沢山あります。

今回挙げたやりがいを読んでいただき、ご自身が楽しく働くイメージができたのなら、ぜひ、介護職の門をたたいてみてください。

もちろん、すぐに現場で働くだけではなく、ボランティアや何らかの行事で参加することで触れることもできます。少しでも興味があったら、是非関わってみてください。沢山のことを学び感じることができると思いますよ。